2012年10月30日

アスタリフトの効果はどう

アスタリフトの主成分はコラーゲン!しかも3種類と聞いてます。
>アスタリフト

コラーゲンっていろいろな種類や働きがあるのですね…?ちょっと調べてみました。まずは水溶性コラーゲン。水溶性コラーゲンは粒子が大きくて浸透性コラーゲンやピココラーゲンを覆った形で外に出ないように守る働きをしているようです。

水溶性コラーゲンを補うことで潤いをキープできるわけですね。そしてふたつ目の浸透性コラーゲンは中ぐらいの大きさの粒子です。その下の小さなピココラーゲンの潤いをさらにプラスする役割があり、肌のすみずみまで潤いをゆきわたらせています。

そして一番小さな粒子をもつピココラーゲン。肌の奥深くまで浸透していき、コラーゲンを自ら生みだすためのお肌のサポートをする働きをもっているといわれています

このコラーゲントリオが肌の基礎を支えて肌のハリを生みだすのです。コラーゲンは紫外線や空気汚染などの外的なダメージにとても弱いそうです。外的なダメージでせっかくのコラーゲンが損なわれていくのはとても残念なこと。そこで登場するのがアスタキサンチンでした。

コラーゲンを守るための強力な抗酸化力をもっているアスタキサンチンは外的ダメージから肌を守ってくれる頼もしいお助けパーツなのでした。アスタリフトのフジフィルムはコラーゲン専門家の写真屋さん。写真フィルムの主原料がコラーゲンって今まで知らなかった私です。この専門家が研究を重ねたコラーゲンを肌の奥深くまで届けるスキンケア商品がアスタリフトだったのです。

アスタリフトのドリンクのサイト:アスタリフト ドリンク
ラベル:アスタリフト
posted by きほまる at 16:04| Comment(0) | アスタリフト 効果 | 更新情報をチェックする

アスタリフトでトータルケア

「アスタリフト」はコラーゲンがカギ。コラーゲンは私たちの体内で皮膚や軟骨、腱、靭帯などを構成するたんぱく質のひとつです。

ヒトでいうと全たんぱく質の約30%がコラーゲンといわれています。コラーゲンの代表的なもので「ゼラチン」というのがありますよね。

ぜりーとか鶏手羽とお野菜と炊いて冷ますと「にこごり」なんていうのもその仲間ですしよく「コラーゲン♪とらなきゃ!}とか言ってジュレ状になった煮汁をゆでた野菜にかけて食べるなんていう手抜き技を駆使して、貧乏家の食卓は皿数を増やしていたりします。

そのコラーゲンの中のアテロコラーゲンとコラーゲンぺプチドが、皮膚の形成に影響しているようです。コラーゲンは皮膚の強度や弾力を高めるものなので年齢とともに失われていく肌の弾力、ハリをフォローしていくことがトータルコラーゲンケアですね。

アスタリフトの3種類のコラーゲンはそれぞれの特徴でトラブルを解消し、守り、力をつけるのでしょう。お肌の潤いをキープする水溶性コラーゲン、さらに浸透性をます潤いを増す浸透性コラーゲン、そしてコラーゲンの機能を高めるピココラーゲンそして外的ダメージをシャットアウトする働きを持つアスタキサンチンが、それぞれの働きをしてお肌を守り補います。

健康的なお肌を保つためにコラーゲンが総合的にお肌に働きかけていくのです。コラーゲンって食いしん坊の私にとっては鳥皮とか、お魚のにこごりとか、スッポンとかってイメージだったのですが・・・。
ラベル:アスタリフト
posted by きほまる at 16:00| Comment(0) | アスタリフト 効果 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。